大久保佳代子 介護脱毛「やってます」 きっかけは小木「やっとくのが気遣いですよって言われて」

[ 2021年10月12日 09:14 ]

大久保佳代子
Photo By スポニチ

 タレントの大久保佳代子(50)が11日放送の日本テレビ「上田と女が吠える夜」(後11・59)に出演。「介護脱毛」をしていることを明かした。

 
 将来的に介護が必要になった際、介護してくれる人の負担にならないようにするため「介護脱毛」をする人が増えていると紹介され、大久保は「やってます、私。いわゆるVIO脱毛」と明かした。

 きっかけは「2年前くらいにおぎやはぎの小木さんと話してて、小木さんが(介護脱毛を)やってたんですよ。『今後結婚しなかったら、介護が必要になった時に家族がいない。他人の手をわずらわすことになるからきれいな方がいい』と。トゥルントゥルンだったら赤ちゃんと一緒だからサっと終わりますよね。『少しでもやっとくのが気遣いですよ』って言われて始めました」。現在通っているところでも、40代、50代の人が多いという。

 「あさこさんもね?」と大久保から振られたいとうあさこ(51)は「私は普段から常にイライラして感じ悪いおばさんだから、このまま年取ったら相当嫌なおばさんになると思う。下半身だけはいいおばさんでいようと思って」と自身も介護脱毛を始めていることを明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年10月12日のニュース