×

「日本沈没」トレンド1位発進!香川照之 異端児・田所博士“怪演”にネット反響「クセ強すぎw」

[ 2021年10月10日 22:19 ]

日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」第1話。田所博士役の“怪演”が話題を呼んだ香川照之(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の小栗旬(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」(日曜後9・00)が10日、25分拡大でスタートした。放送中(午後9時51分)から「#日本沈没」がツイッターの国内トレンド1位に輝く反響。「#青天を衝け」から奪首した。

 <※以下、ネタバレ有>

 小栗が2010年10月期「獣医ドリトル」以来11年ぶりに同局の看板枠・日曜劇場に主演。1973年に刊行された小松左京による不朽の同名名作SF小説を原作に、当時も扱われた題材「環境問題」を2021年バージョンとして鮮明に描く。原作に大きくアレンジを加え、舞台は2023年の東京。国家の危機に瀕してなお、一筋の希望の光を見いだすためにひた走る究極の人間ドラマがオリジナルのキャラクター&ストーリーとして展開される。

 脚本は「華麗なる一族」「獣医ドリトル」「LEADERS リーダーズ」などの橋本裕志氏。演出は「インハンド」「ノーサイド・ゲーム」「TOKYO MER~走る緊急救命室~」などの平野俊一氏ら。撮影は今年春に終了した。

 俳優の香川照之(55)が同局看板枠・日曜劇場に11回目の出演。今回演じるのは、原作でも人気の田所雄介博士役。日本地球物理学界の異端児。関東沈没説を主張している。

 パーマをかけたヘアスタイルに、独特の口調。SNS上には「相変わらず香川照之さんのクセが強いw」「香川照之のアクをさらに煮詰めたような役」「香川照之の田所博士は期待を超えるぶっ飛び様でした」「日之島沈没の映像を前に勝利の笑みを浮かべる香川さんの狂気、素晴らしかった」「半沢直樹の大和田常務はthe俗物!って感じのギラギラ感だったけど、日本沈没の田所博士は正反対にthe浮世離れ頑固!なネトネト感で、香川照之さん本当すごいなぁ」などの声が相次ぎ、“怪演”が話題を集めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年10月10日のニュース