×

杏 3人の子育てで「上が双子でよかった」と思ったワケ、読み聞かせは「世界遺産で…」

[ 2021年9月30日 23:14 ]

女優の杏
Photo By スポニチ

 女優の杏(35)が、30日放送のTBS系「櫻井・有吉THE夜会」(木曜後10・00)に出演し、子育ての様子を話した。

 杏には4歳の双子の女児と、もうすぐ3歳になる男児がいる。シングルマザーで仕事をしながらの子育ての様子を聞かれると「年子だから、ほとんど一緒の感じで、遊んでくれるようになったんです。ケンカもすごいするので仲裁も入るんですけど、遊びは子供たちだけでルール決めたりとか その間に料理しちゃおうとか」とし、「上が双子でよかったのが、下の子が生まれた時に赤ちゃん返りがなかった。親を生まれた時からシェアしているんですよ。だから、1人増えたな、みたいな、ずっと1人でいた時よりショックが少なかったみたい」と語った。

 また、家に月に1回か2回、遊びに来てくれるという女優で声優の戸田恵子(64)も登場。「杏ちゃんはね、今皆さん分かったかもしれないけど、本当にスーパーウーマンなんです。知恵と情報もたくさん持っている。それでお仕事して、子育てもして…本当に愚痴言っているの聞いたことない」と絶賛した。

 子どもに、戸田が声優を務めている「アンパンマン」の絵本を読んでて言われたら?と聞かれた戸田は「読んでって言われたら読むし…。自ら読むってことはしない。読んでっていわれた時にちょっと緊張するわけ。ましてやアンパンマンの本を持って来られたときは、本気で行くか、どのくらいでいくか…でも、もし100%で行ったら、頭の中で何かパニックになるかもしれないと、ここは7、8割でやっていこうっと」と語り、杏も「うちの子供たちもすごい人なのかわからないから、無茶難題…日本の神話とか渡したり」と語った。

 戸田は、子供から本読みを頼まれると感情移入して読むタイプというのに対し、杏はナレーターを務めている、同局の「世界遺産で読んじゃうから…」と語り、実践すると、お笑い芸人の有吉弘行(47)から「感情ゼロ…」と言われるも「感情ゼロで読む方法もグーという話もあるんです。あと、早送りバージョンとか、遅いバージョンで読むと、笑う」と読み聞かせの様子も語っていた。

 杏は俳優の東出昌大(33)と15年元日に結婚。16年5月に双子の女児17年11月には第3子となる男児が誕生したが、東出の不倫騒動の末20年8月1日に離婚を発表した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年9月30日のニュース