佐藤健 演技に圧倒された俳優の存在明かす「俺過去にこういう芝居…ないよなって思わされた」

[ 2021年9月10日 22:51 ]

佐藤健
Photo By スポニチ

 俳優、佐藤健(32)が10日放送のTBS「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜後8・57)に出演し、演技に圧倒されたという俳優の存在を明かした。

 自らの俳優人生を振り返る中で、20代前半から中盤は「自分の地位を確立」することに力を注ぎ、目の前の作品に全力で挑んできた、とした佐藤。20代後半になると、少し気持ちに余裕ができたそうだ。将来に関して、漠然と「パリとかに住んで、優雅な生活を送って、1年に1回日本に戻って」などと思い描いていたが、「30代になったらそんな優雅なことを言っていられない。この年齢になって初めて目指すべきものができた」と打ち明けた。

 今、目指していることは「日本の作品を世界中に見てもらえるようにしたい、自分たちが作った作品を世界に広げたい」と説明し、「自分の30代はそこにささげたい。そうなってくると、時間がない」と吐露した。番組MC・中居正広(49)は、佐藤のアツい思いに感心しきりの様子だ。

 その後、中居が「先輩で影響を受けた俳優さんは?圧倒されたでもいいし、意識させられた人」と話題を振ると、佐藤は「もちろんたくさんいる」と前置きした上で、「最近でいうと『全裸監督2』見ました?それの山田孝之の芝居はやっぱりすごかった」と感嘆した。山田の演技を見て、自らの芝居を見つめなおしたといい、「俺、過去にこういう芝居をしたことはあるかな、ないよなって思わされました。すごかったです、その人にしか見えなかった」。役柄に入り込んだ山田のスゴさを語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月10日のニュース