×

鈴木紗理奈 愛知“密”フェス主催者に「ちゃんと表に出てきて話を」

[ 2021年8月31日 16:45 ]

鈴木紗理奈
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木紗理奈(44)が31日放送のTBS系情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」にリモートで生出演。観客の多くがマスクを着用せず、密着して大声を上げたなどして批判が集まっている野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI2021」についてコメントした。

 29日に愛知県常滑市の県国際展示場で開催されて同フェス。参加者によると、観客は体が触れ合うほど密着。マスクも付けずに大声を上げている人も多くみられた。会場では酒類販売がされた。終演後には会場周辺で飲酒して騒ぐ参加者もおり、駐車場には酒の空き缶やマスクが散乱。名古屋市内の2店舗では明け方までアフターパーティーが開催された。常滑市の伊藤辰矢市長はツイッターで「市民の努力を愚弄(ぐろう)する悪質なイベント」と批判した。

 この騒動に鈴木は「私はレゲエアーティストもやらせていただいてて、こういうフェスとかをメインにライブ活動をやらせていただいてたんですけど、コロナになってからほんとに全部のイベントが中止になって、ライブ活動1本で生計立ててるアーティストとか苦渋の決断でコロナなんで仕方ない、断念しますって何百ものイベントが涙をのんで協力しようということを聞いてたんです」とアーティストは我慢をしていると説明。

 その中での開催に「ヒップホップのイメージってやっぱりこうなんかとかフェスってやっぱりこうなんかとか、この一つのイベントでちゃんと守ってる人たちがさらに苦しい思いをしていくっていうのが凄い悔しいですね」と声を荒げた。

 また、番組がフェス主催者を何度訪問しても対応されないことに「不誠実な対応もすればするほどイメージも悪くなるから、そこまでのことやってるんやったらちゃんと表に出てきて話をしろよって感じですね」と訴えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年8月31日のニュース