体操・橋本大輝が種目別・鉄棒でも金獲得 平均視聴率21・2%の好数字

[ 2021年8月4日 10:29 ]

体操種目別鉄棒で金メダルを獲得した橋本大輝(AP)
Photo By AP

 3日夜にNHK総合で生中継した「東京2020オリンピック 体操決勝 男子種目別鉄棒」(後7・30~8・05)の平均世帯視聴率は21・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。個人視聴率は12・2%だった。

 この日が種目別鉄棒決勝などが行われ、橋本大輝(19=順天堂大)が個人総合金に続く2個目の金、団体総合銀と合わせ3個のメダルを獲得した。のびやかな美しい演技の後、着地もピタリと決め、出場8人中唯一の15点台をマーク。橋本は演技を終えると、ガッツポーズと満足感あふれる笑顔をみせた。

 放送は、橋本の演技中にサブチャンネルから引き継ぐ形で開始され、橋本の金メダル確定の瞬間。表彰式などを中継した。

 午後6時半から放送された体操決勝・女子種目別平均台は世帯11・0%、個人12・2%だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月4日のニュース