北島康介氏 スケートボード会場でのヴィトンアロハの“ゴン攻めファッション”が話題に

[ 2021年8月4日 18:42 ]

北島康介氏
Photo By スポニチ

 競泳の五輪2大会連続2冠の北島康介氏(38)が4日、四十住さくら(19=ベンヌ)が金メダル、開心那(12=WHYDAH GROUP)が銀メダルを獲得したスケートボード女子パーク決勝会場を訪れ、NHKの中継にゲスト出演した。

 北島氏は会場となった有明アーバンスポーツパーク入りの様子などを自身のツイッターで披露したが、その服装が“ゴン攻めファッション”と評判になっている。

 北島氏はいつものスーツ姿から一転、ルイ・ヴィトンのカラフルなアロハシャツにキャップを後ろ前にかぶるストリートファッション系のいでたちに、アナウンサーから「今日はどうされたんですか?」と声をかけられると、スケートボード・ストリートの解説でプロボーダー瀬尻稜(24)が口にして話題となった言葉を使い「きょうはゴン攻めで…」と語った。

 ツイッターでも「今日の衣装はゴン攻めヴィトン」とつづっており、フォロワーからも「ゴン攻め衣装めちゃカッコいいです!!」「さすがゴン攻めファッション決めた水泳界のレジェンド!」「ゴン攻めすぎですやん」「違和感なし」などの声が寄せられた。

 さらに、競技終了後にはサングラス姿の写真を投稿し「スケートボード会場で。素晴らしい技と演技でした 日本人選手,宮崎出身のスカイ選手おめでとう 僕のファッションは置いといて、選手のウエアも可愛くて最高 ファッションカルチャーにも精通するスケートボードに今後も期待です」と選手らを称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月4日のニュース