「ハライチ」4年ぶり「M―1グランプリ」参戦!ラストイヤーにネット期待 過去4回決勝進出

[ 2021年8月4日 18:46 ]

「ハライチ」の澤部佑(左)と岩井勇気
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハライチ」が今年の漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2021」にエントリーしたことが4日、分かった。準決勝敗退&敗者復活戦敗退に終わった2017年以来4年ぶりの出場となる。岩井勇気(35)と澤部佑(35)が06年4月に結成。悲願の優勝へ、出場資格「結成15年以内(2006年1月1日以降の結成)」のラストイヤーに懸ける。

 09年(5位)、10年(7位)、15年(9位)、16年(6位)と4大会連続決勝進出の実力者。17年は5大会連続の決勝進出を逃した。シード権は昨年の「M―1グランプリ2020」準決勝進出者が1回戦免除。ハライチは1回戦からの出場になる。

 今年は8月1日に開幕。1回戦は10月3日まで行われ、ハライチの日程は未発表。

 バラエティー番組に引く手あまたの澤部、テレビ東京「ゴッドタン」の「腐り芸人セラピー」などで独自のポジションを築いた岩井の「M―1」復帰に注目が集まる。

 SNS上には「ラストイヤーは激アツすぎる」「4カ月先なのに、もうワクワクしてるわ」「めちゃくちゃ応援してる」などと期待の声が相次いだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月4日のニュース