河村たかし市長 ありえない…ソフト後藤の金メダルに噛みつく「キモすぎる」「辞任レベル」と批判殺到!

[ 2021年8月4日 17:40 ]

首に掛けられた後藤希友(右)の金メダルをかじる河村たかし名古屋市長
Photo By 共同

 気持ち悪すぎるガブリだ! 東京オリンピックでの女子ソフトいボールで金メダルを獲得した名古屋市出身の後藤希友投手(20)が名古屋市役所を表敬訪問。河村たかし市長に金メダル獲得を報告したが、金メダルを首にかけてもらうと、突然「ガブリ!」と金メダルにかみついてしまった。

 この様子がCBCテレビで放映されると視聴者から批判、批判、批判の嵐。「市長辞任レベル」「あり得ない。自分がとった金メダルでもないのに最悪最悪。金メダル交換できないの!?」「何度も何度も石鹸やアルコールかけて洗っただろうね。でも、思い出すだけでキモくて投げたくなったりしたかも知れない」などの声が上がった。

 また、コロナ禍だけに「マスク越しかと思ったら、かじるときだけマスク外して直に…」「衛生感覚とか敬意とかモラルとかデリカシーとかいろいろどうなってるんだこいつは」といった声も聞かれた。

 後藤投手は決勝のアメリカ戦を含めた6試合中5試合でリリーフ登板。10回3分の2を無失点、22奪三振の好投をみせて、日本の13年ぶりの金メダル獲得に大きく貢献した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月4日のニュース