×

「ドラゴン桜」日曜劇場異例の若者支持 受験生世代が共感?最終回に“最強の助っ人”視聴率も爆上げ?

[ 2021年6月27日 12:00 ]

日曜劇場「ドラゴン桜」のオールアップを迎え、花束を受け取る阿部寛と長澤まさみ(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の阿部寛(57)が主演を務めるTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)は27日、15分拡大で最終回(第10話)を迎える。30代以上が主な視聴者の同局看板枠・日曜劇場としては異例の「ティーン層(男女13~19歳)」の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)が好調。東大合格を目指す劇中の高校生たちと同じ受験生世代に響いているとみられる。最終回は東大受験と買収劇のダブル大逆転、次回予告で話題沸騰中の「最強助っ人」登場に期待が高まっている。

 阿部が主演を務め、2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶり新シリーズ。前作は、経営難の三流私立校・龍山高校を舞台に、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が落ちこぼれの生徒を東大合格へ導いた。今回の原作は、18年から週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」。前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載)の15年後を描くが、今作は現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開されている。

 阿部が伝説の弁護士・桜木役に再び挑戦。女優の長澤まさみ(34)が桜木の教え子・水野直美役を続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得した。続編はドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開けた。

 最終回は、共通テストを終え、瀬戸(高橋海人)は合格には非常に厳しいライン、藤井(鈴鹿央士)も思うように点数を取れず、文系への転向を余儀なくされた。東大専科から離脱した瀬戸に、桜木(阿部)は“あること”を告げるのだが…。そして藤井も一世一代の大勝負に出る。それぞれの決意を胸に、共通テストの結果発表の日がやってくる。果たして結果は…?一方、学園買収には教頭の高原(及川)が関わり、坂本(林遣都)と米山(佐野勇斗)も加担していた。着々と進む学園売却の準備に、桜木と水野(長澤)はなす術なく。しかし、合格へ全力を尽くす生徒たちの日々が続く。そんな中、桜木は“とある秘策”を提示。東大受験、買収劇、共に大逆転に導けるか?そして迎える涙の合格発表、思いも寄らない奇跡が舞い降りる…という展開。

 初回(4月25日)14・8%は4月クールの民放連続ドラマ初回トップと好発進。全国視聴者数(JNN28局)は第6話(5月30日)1638万人、第9話(6月20日)1800万人と終盤に数字を伸ばしてきた。

 注目は世代別「ティーン層(男女13~19歳)」の視聴率。初回4・9%→第7話(6月6日)7・4%と大幅アップ。第9話は8・2%と番組最高を叩き出し、若者層から支持が増えてきたことがうかがえる。平均世帯視聴率20・1%を記録した今年1月期の日曜劇場「天国と地獄」最終回(3月21日)のティーン層6・9%も上回り、その重厚な作風により日頃それほどドラマを見ない男性年配層を引きつけるのも売りの1つの日曜劇場枠としては異例の視聴動向となっている。

 第9話オンエア後の次回予告には、「最強助っ人登場!」のテロップが表示される中、桜木が「あいつら(東大専科7人)のために、頼もしい助っ人を用意した。久しぶりだな」と水野の後ろにいると思われる人物に声を掛け、水野が後ろを振り向くと「えっ!」と驚き交じりの笑顔になるシーンがあった。新シリーズ初回にサプライズ登場した紗栄子(34)に続き、前作特進クラスの生徒役キャスト(山下智久、小池徹平、新垣結衣、中尾明慶)の16年ぶり再登場が期待されるなど“最強の助っ人”が誰なのか、予想合戦がヒートアップ。番組最高を更新した前回第9話の15・4%から一気に大台20%超えとなれば、「天国と地獄」最終回に続く2クール連続の快挙となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年6月27日のニュース