稲垣吾郎 自身が構想した舞台で演じるのは実在した死刑執行人

[ 2021年4月23日 05:30 ]

稲垣吾郎
Photo By スポニチ

 俳優の稲垣吾郎(47)が22日、東京建物ブリリアホールで、主演舞台「サンソン―ルイ16世の首を刎ねた男―」(23日~5月9日など)の公開稽古を行った。

 稲垣自身が構想し、18世紀のパリに実在した死刑執行人を描く物語。「久しぶりの新作舞台になり、良い緊張感で稽古を続けることができました。重い時代の中でも、社会を良くするために職務に忠実に生きたサンソンという人物を精いっぱい演じたいと思います」とコメントを寄せた。共演は中村橋之助(25)ら。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月23日のニュース