×

吉本新喜劇の伊丹祐貴 思い出の“福の日”に結婚!19年の「二番福」

[ 2021年2月12日 00:03 ]

伊丹祐貴
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の伊丹祐貴(32)が11日、自身のツイッターを更新し、9日に結婚したことを報告した。

 伊丹は「ご報告」として「この度、私伊丹祐貴は2月9日福の日に結婚致しました!!!これから新喜劇を盛り上げていけるよう、より一層頑張っていきますので応援の程よろしくお願い致します!!!福~」とつづった。

 伊丹と言えば19年の西宮神社の恒例行事「開門神事福男選び」で二番福となり、夢だった吉本新喜劇のメンバー入りも果たした。それだけに、思い出の“福の日”に結婚となったようだ。

 伊丹は高校時代は陸上部に所属。400メートルリレーでインターハイに出場経験があり、50メートルの持ちタイムは6秒1。大学4年だった10年、就職より芸人の道を選んでNSC(吉本総合芸能学院)大阪校33期生として入校。「霜降り明星」の粗品(28)とは親友で、同期には、15年にキングオブコントを制した「コロコロチキチキペッパーズ」がいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年2月11日のニュース