×

MISIA 大けが収録「NEWS23」企画放送 小川彩佳キャスターが重ねて謝罪

[ 2020年12月18日 00:04 ]

歌手のMISIA
Photo By スポニチ

 歌手のMISIA(42)が収録中に大けがを負ったTBS「NEWS23」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)の企画が17日、同番組内で放送された。

 「子どもたちに笑顔を」と題した同企画は、知的障がいのある人の競技会「スペシャルオリンピックス」を6年間にわたって支援してきたMISIAの“思い”を伝える内容だが、MISIAは先月15日、同企画の乗馬シーンの収録中に落馬。翌16日に診察を受けた結果、胸椎棘(きょく)突起部の骨折が判明し全治6週間と診断された。

 番組では、小川彩佳キャスター(35)が「取材中に事故を起こしてしまったこと、改めておわびします」と謝罪の言葉を述べ、放送をスタートした。

 企画が始まると、乗馬スーツ姿のMISIAと「スペシャルオリンピックス」のアスリートたちが笑顔で交流する様子などが伝えられた。また、小川キャスターとのインタビューで、MISIAは「障害のあるなし関係なく、(スペシャルオリンピックスのような)大舞台に立つと大きく成長する。そういう可能性を秘めている。私が学ばせてもらっている」などと支援を続けてきた理由を説明した。

 ただ、オリンピック、パラリンピックと違い、日本国内では「スペシャルオリンピックス」の存在を知っている人は少ない。MISIAは「トレーニングをする場所を貸していただけないこともある。みんなでサポートしてもらいたい」「コロナ禍で大変な状況だからこそみんなで手を取り合いたい」などと呼びかけ、「誰もが自由に夢を見られる世界になってほしい」と希望を語った。

 こうしたMISIAの支援に対し、関係者は「明るいパワー、愛情をいただいている感じ、心強いですね」と話していた。

 小川キャスターは同企画の最後にも登場し、「今ご覧いただいた取材中にMISIAさんが落馬され、骨折されました。わたくしどもの取材中にこうした事故が起きてしまったこと、改めましてMISIAさんご本人をはじめ、関係者のみなさま、ファンのみなさまに深くおわび申し上げます」と頭を下げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2020年12月17日のニュース