さんま、伊勢谷容疑者との初対面エピソード明かす ド緊張する姿に「大胆に見えるけど小心やねんな」

[ 2020年9月13日 15:16 ]

タレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(65)が12日、パーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。大麻取締法違反の疑いで逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)の初対面の印象について語る場面があった。

 さんまは「伊勢谷君実はね、あいつの最初のドラマが、俺と木村(拓哉)のドラマやねん」と2002年に放送されたフジテレビ系「空から降る一億の星」が伊勢谷容疑者の初出演ドラマだったと回顧。

 「(伊勢谷容疑者は)ちょい役でね、通行人気味の役で『今日ドラマ初めてで、これから役者にならせていただく』ってね。『それを木村さんとさんまさんのドラマに出られるなんて、僕って幸せなんです』って。ものすごい緊張しててね、こいつこう見えて、大胆に見えるけど小心やねんなって。20年ぐらい前のこと」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年9月13日のニュース