G党・中居正広 巨人戦ゲスト出演中に阪神・藤浪気にする「頑張ってほしいです」

[ 2020年9月13日 15:12 ]

タレントの中居正広
Photo By スポニチ

 タレントの中居正広(48)が13日、巨人―ヤクルト16回戦(東京D)を生中継するニッポン放送「ショウアップナイター」にスペシャルゲストとして出演。同じ午後2時開始の阪神―広島17回戦(甲子園)を気にするシーンがあった。

 中居は試合中、甲子園の試合速報が入り、広島が不振が続いている主砲・鈴木誠也外野手(26)の17号3ランで初回に3点先制したことが分かると「誠也、久しぶりじゃなぁ~い?」と楽しそうに声を挙げ、中居と鈴木誠が同じ8月18日生まれであることを実況担当の煙山光紀アナウンサー(58)に指摘されると「そうなんですよ」とうれしそう。

 そして、この広島戦の先発投手で、8月21日のヤクルト戦(神宮)で692日ぶりの勝利を挙げた阪神・藤浪晋太郎投手(26)についてパーソナリティーを務める同局「中居正広 ON&ON AIR」(土曜後11・00)でもたびたび触れていたことについて聞かれると「頑張ってほしいです。(ボールが)抜けるピッチャーなんていくらでもいる。勝負の世界だから遠慮なくインサイドにぐいぐいぐいぐい投球してほしいと思いますね」と改めてエールを送っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年9月13日のニュース