「半沢直樹」大和田役・香川照之 名言再び「沈ヴォツ!」は「vの発音良すぎ」黒崎への嫉妬“顔芸”も

[ 2020年8月23日 21:54 ]

「半沢直樹」第6話。「沈没(沈ヴォツ)!」の発音が話題を呼んだ大和田役の香川照之(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の堺雅人(46)が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)は23日、第6話が放送され、大和田役が大反響を呼んでいる香川照之(54)の“顔芸&名言”がまたも炸裂。主人公・半沢(堺)をめぐる黒崎(片岡愛之助)への嫉妬の顔が「やはり大和田さんの顔芸に尽きる」、「頭取も(唇を噛むように)沈没(沈ヴォツ)!」の発音が「大和田さんは(お・し・ま・いDEATH!の)『th』と(沈ヴォツの)『v』の発音が良すぎ」などとインターネット上で話題となった。

 また「#半沢直樹」が放送中(午後9時21分時点)に6週連続となるツイッターの世界トレンド1位。放送終了約1時間後にはYahoo!リアルタイム検索のトレンドに1位「佃典彦」、3位「大和田」、4位「半沢直樹」、6位「黒崎」、7位「帝国重工」、9位「マモ(宮野真守)」、11位「業務改善命令」、14位「債権放棄」、20位「曾根崎」と関連ワードが次々にランクイン。SNS上を席巻した。

 2013年7月期に放送された前作は、ベストセラー作家・池井戸潤氏(57)の小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。東京中央銀行のバンカー・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成民放ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。決め台詞の「倍返し」は新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた。

 7年ぶりの続編となる今作も同じく池井戸氏の小説「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」が原作。半沢は大和田常務(香川)の不正を暴き“倍返し”したものの、子会社・東京セントラル証券へ出向。IT業界の雄・スパイラルの買収をめぐり、親会社・東京中央銀行との全面戦争に突入した。半沢は大手IT企業・電脳雑伎集団の粉飾を突き止め、銀行の証券営業部長・伊佐山(市川猿之助)らに“倍返し”。銀行本店に返り咲いた。それも束の間、今度は破綻寸前の巨大航空会社・帝国航空の経営再建を任され、国家権力という巨大な敵と闘うことになる。

 第6話は、帝国航空の経営再建をめぐり、半沢は政府による500億円もの債権放棄の要求を拒否。政府に楯突く半沢の態度に怒り心頭の白井国交相(江口のりこ)が、刺客として検査官の黒崎(片岡愛之助)の銀行に送り込む。金融庁の緊急ヒアリングが始まり、重大なミスが発覚し…という展開。

 (※以下、ネタバレ有)

 半沢は、帝国航空再建の前担当・曾根崎(佃典彦)と対立。金融庁から業務改善命令を出されるピンチとあり、大和田は半沢に「木を見て森を見ず!曾根崎のことはもういい。もっと銀行全体を見なさいよ!」と説く。「(業務改善命令を出されたら)うちは沈没だよ!銀行沈没!君がその正義とやらを押し通して(再建)担当を外されるだけなら、まだいい。だが、君のことを信じて、この再建を任せてくださった(中野渡)頭取(北大路欣也)を窮地に陥れることになるんだぞ。頭取も(下唇を噛むように)沈没(沈ヴォツ)!」。第2話で半沢に言い放った「お・し・ま・いDEATH!」に続く独特の言い回しだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月23日のニュース