「エール」橋本じゅん 閻魔様役に苦笑「???」 「ひらり」で虎党医師「古関メロディーよ、永遠なれ」

[ 2020年6月14日 13:00 ]

連続テレビ小説「エール」で閻魔様を演じる橋本じゅん(C)NHK
Photo By 提供写真

 「劇団☆新感線」の看板俳優・橋本じゅん(56)が15日に放送されるNHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)第56話に登場。閻魔様役を演じる。

 俳優の窪田正孝(31)が主演を務める朝ドラ通算102作目。男性主演は2014年後期「マッサン」の玉山鉄二(40)以来、約6年ぶりとなる。モデルは全国高等学校野球選手権大会の歌「栄冠は君に輝く」や阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」などで知られ、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)氏(1909~1989)と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏。昭和という激動の時代を舞台に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)と妻・関内音(二階堂ふみ)の夫婦愛を描く。

 第12週(6月15~19日)は「特別企画」として主人公夫妻を取り巻く登場人物にフォーカスしたオムニバス形式の“スピンオフ週”。第56話は「父、帰る 前編」。音(二階堂)が小学生の時、出張先の大阪で線路に落ちた子供を助けようとし、電車にはねられ、突然亡くなった父・安隆(光石研)。1泊2日だけ地上に帰る権利を得られる“あの世の宝くじ”に当たり、10年ぶりに地上に舞い戻る…という展開。

 橋本が演じる閻魔様は「あの世」の門番らしき謎の存在。1泊2日だけ地上に戻れる“ジャンボ宝くじ”の主催者。制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは「一見怖そうな、とっつきにくい感じですが、実はとってもキュートで茶目っ気があり、安隆を温かく見守っているという役が橋本さんにピッタリではないかと思い、オファーしました」と起用理由を説明した。

 橋本の朝ドラ出演は1992年後期「ひらり」、昨年前期「なつぞら」に続き、2年連続3作目。「『なつぞら』から程なくでしたので、オファー、本当にうれしかったです!」と喜びも、異色のキャラクターに「役は正直『???』でした」と苦笑い。「衣装合わせの時、僕のアイデアを採用していただいて、やっとイメージできました」と撮影を振り返った。

 女優の石田ひかり(48)が相撲好きのヒロインを演じた「ひらり」で、六甲おろしを歌いまくる虎党の医師・小林雅人役。「翌年(93年)、阪神甲子園球場開幕戦で始球式を依頼され、スタンドを巻き込んで六甲おろしを大合唱したことを思い出さずにはおれません。古関メロディーよ、永遠なれ」と古関氏との縁に感じ入った。

 オムニバス形式の“スピンオフ”は裕一が人生の節目を迎えた第11週(6月8~12日)と後半に入る第13週(6月22~26日)の間、全体のストーリーの区切りとなる週に、チーフ演出・吉田照幸監督(50)が当初から企画。「エール」の“特別編”はほぼ新撮。主要な新キャストも3人、橋本、井上順(73)金子ノブアキ(39)が名を連ねた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年6月14日のニュース