脚本を読んで断ろうかと…波瑠、主演映画の裏話を披露

[ 2020年2月20日 05:30 ]

「弥生、三月 -君を愛した30年-」の完成披露試写会に登場した波瑠
Photo By スポニチ

 女優の波瑠(28)、俳優の成田凌(26)、岡田健史(20)が19日、都内で映画「弥生、三月 ―君を愛した30年―」(3月20日公開、監督遊川和彦)の完成披露舞台あいさつを行った。運命的に出会った男女の30年を描くラブストーリー。

 波瑠は「脚本を読んだ時点でオファーを断ろうと思った」と明かして会場を驚かせた。演じた主人公について「とても純粋な強さを持っていて、ハードルの高さを感じてしまった。最終的に監督と話して情熱を感じて出演を決めました」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2020年2月20日のニュース