浜崎あゆみ 全国ツアー開幕、出産発表後初の公の場 完璧ボディーで24曲、涙声の場面も

[ 2020年2月20日 22:00 ]

出産前と変わらない力強いステージを繰り広げる浜崎あゆみ(中央)
Photo By 提供写真

 昨年11月に男児を極秘出産した歌手浜崎あゆみ(41)の全国ツアーが20日、埼玉県三郷市文化会館で開幕した。

 1月2日に出産を電撃発表後、初の公の場。ファン1300人の「あーゆ」コールで迎えられて姿を見せると悲鳴に似た歓声。「行くぞ、埼玉!」と声を張り上げ、勇ましい表情で歌い始めた。

 腰まである長い髪を一つに束ね、時に振り乱しての熱演。肩を大きく露出したドレス姿からは、産後3カ月とは思えない引き締まったボディーラインがうかがえた。

 激しい曲調の歌も多く、軽快なステップを踏み、飛び跳ねての熱演。涙声で歌う場面もあり、ヒット曲「Boys&Girls」など全24曲の構成。出産したことには最後まで触れることなく「ここに集まってくれたみんな、本当にありがとう」と感謝した。出産翌月の昨年大みそかに開催したカウントダウンライブと同様、出産したことをみじんも感じさせないクールなステージに、浜崎らしいプロ魂を感じさせた。

 今ツアーは18年10月~19年2月、19年5~8月に開催したのに続く、3部作の最終章。妊娠中期に行った前回はファンに気付かれることなく、23公演を完遂した。出産を経て、前回とは曲目も演出も変えて挑む。所属事務所を通じ「あらゆるエンターテインメントが詰まったステージになっています。久しぶりに訪れる街もありますし、全国各地でファンのみんなと最高の時間を過ごせることを楽しみにしています」とメッセージを寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月20日のニュース