浅草ロック座会長・斎藤恒久さん死去 72歳 ロック座ママ智恵子さん長男

[ 2020年2月20日 18:17 ]

 ストリップ劇場の名門「浅草ロック座」会長、斎藤恒久(さいとう・つねひさ)さんが20日、死去した。72歳だった。通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午後1時から、いずれも東京都台東区東上野公園14の5、寛永寺輪王殿第1会場で。喪主は斎藤貴美夫(きみお)氏。

 恒久さんは2017年に90歳で死去した、「浅草ロック座」名誉会長でストリッパーから裸一貫で経営者に転じ、全国にロック座チェーンを展開した智恵子さんの長男。智恵子さんは興行界の実力者として、ビートたけしや勝新太郎さん(故人)をバックアップ。芸能界の大物からも一目置かれた女傑だった。

 ▽ロック座 東京都台東区浅草2丁目にあるストリップ劇場。1947年創立で、現存するストリップ劇場では最も古い。近隣のフランス座とともにストリップショーで一時代を築き、最盛期の94年には年間8億8000万円の売り上げを築いた。幕あいのコントは若手芸人の登竜門とされ、東八郎さん、ビートきよしらがステージを踏んだ。2009年にはグラビアアイドルからセクシー女優に転身した小向美奈子が出演したことでも話題になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月20日のニュース