爆笑問題、田代まさし被告の息子に密着したNHK番組に「切なすぎる…」

[ 2020年2月12日 17:40 ]

元タレントの田代まさし
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「爆笑問題」が12日、TBSラジオ「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(水曜前1・00)に出演。10日にNHKで放送された、覚醒剤取締法違反などの罪に問われている元タレント田代まさし被告(63)の息子に密着したドキュメンタリー番組に触れ、「切なすぎる」と語った。

 覚醒剤取締法違反を繰り返し、去年11月、再び逮捕された田代被告。36歳になる息子は、高校生の時に父の最初の逮捕に直面して以来、社会の厳しい目にさらされた。飲食店で働く傍ら、バンド活動を続けてきた息子は、父が逮捕される中で「世間的にはだめな親だなって感じだと思いますけど、いい時の優しい顔も知っているから。そこがつらいですね」と深い葛藤を抱えながら父との関係を続けてきた。ドキュメンタリーでは、父と向き合う息子の様子を伝えた。

 「番組を見た」「俺も見た」という爆笑問題の2人。田中裕二(55)は「優しいというか、ちゃんとしている」と田代被告の息子を称えた。

 太田光(54)が「NHKが凄いんだ。(昨年)捕まる前からずっと密着していたんだよね」と話し、田中は「逮捕される直前のマーシーが、息子のライブに客として来ていて。普通に“おう、よかったな。頑張れよ”みたいな感じで(息子とあいさつしてから)タクシーで帰っていくんだけど。その何日か後に捕まるという…」と番組内容を伝えた。

 太田が「(逮捕はライブの)10日後で」と話すと、田中は「もうさ、切なすぎるよね。息子の思いが」と反応。太田も「(家族と父親をつなぎ合わせようと)息子さんはそこでも頑張っていて。マーシーには俺らも世話になったからなあ…」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月12日のニュース