白石麻衣、千葉雄大から「武士」と絶賛!SNSでの告白にズバリ「勇気を出して言って」

[ 2020年2月12日 20:04 ]

映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の公開直前イベントに出席した白石麻衣(左)と千葉雄大
Photo By スポニチ

 乃木坂46の白石麻衣(27)が12日、都内で行われた、映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(21日公開)の公開直前イベントに出席。恋愛とSNSについて語った。

 この日は、映画の内容にちなんで「スマホ&SNSに関する意識調査」をテーマに出題されるお題に、主演の千葉雄大(30)とともに回答した。まずは、スマートフォンやSNSの使用頻度。公式サイトのブログのみで、ツイッターやインスタグラムなど、メンバー個人でのSNSはやっていない乃木坂。白石はスマートフォンの使用頻度について「仕事の空き時間とかに音楽を聴いたり、動画を見るくらい。そんなに携帯を触っているってほどではない」と話した。

 続けて、恋愛に質問についてもトークを展開。“SNSで告白されるのはあり?”という問いに白石は「文字だったら気持ちが分からないので目を見て言ってほしい」とキッパリ。自身が告白する側についても「そこは男でも女でも勇気を出して言うのがけじめかなと思う」とズバッと言い切った。これには、千葉も「そういうところがいいですよね」と絶賛し、「そういう一面を武士って呼んでる」と白石の素直な性格を表現し、会場は笑いに包まれた。

 同映画は18年11月に公開され、興行収入19億円超のヒット作「スマホを落としただけなのに」の続編。スマートフォンを紛失したことをきっかけに命を狙われ、過去を暴かれてしまうミステリーとなっている。白石は、千葉が務める秘密を抱えた刑事の恋人役として、新たな事件に巻き込まれていくヒロインを演じた。また、4人組バンド「King Gnu(キングヌー)」が初めて映画主題歌を手掛けることでも注目を集める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月12日のニュース