DA PUMP、今度は「つり革ダンス」!全国ツアーで新曲初披露、YORIも復活

[ 2020年2月12日 05:30 ]

「つり革ダンス」を披露するDA PUMP。左からYORI、DAICHI、UーYEAH、ISSA、KENZO、TOMO、KIMI
Photo By 提供写真

 7人組ユニット「DA PUMP」の全国ツアーが11日、さいたまスーパーアリーナで開幕した。

 アンコールで、2020年第1弾の新曲「Heart on Fire」(3月25日発売)を初披露。五輪イヤーを盛り上げるアップテンポなダンスナンバーで、ISSA(41)は「文字通りハートに火を付ける。スポーツでも恋愛でも誰かの活力になる歌に仕上がった」と自信を込めた。

 振り付けを手掛けたのは今作もTOMO(39)。つり革をつかむように右手を上げ、両足を爪先立ちして膝を左右に振る「つり革ダンス」。米国で流行している「SWAG BOUNCE」という喜びを表現するダンスを取り入れた。

 18年のヒット曲「U.S.A.」の「いいねダンス」と同様、米国の流行を先取り。TOMOは「日本にもそろそろ上陸しそうな振り付け。親しみのあるネーミングとイメージしやすい動きを取り入れた。みんなにまねしてほしい」と期待した。

 今年も、初もの尽くしで突っ走る。この日スタートしたのはアリーナツアー。14年に7人組の現体制になってから初めてで、昨秋開催のホールツアーから1公演当たりの観客動員を数倍規模に増やした。ISSAは「さらに進んでいるというか、着実な進歩を感じる」と目を細めた。

 観客1万5000人を前に「U.S.A.」や「Funky Girl」など17曲を披露。昨秋のツアーを病気療養で欠場したYORI(40)も復活し、息ぴったりの熱演を繰り広げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年2月12日のニュース