「日本エレキテル連合」中野聡子が結婚!兼業農家芸人・松尾アトム前派出所と交際0日でゴールイン

[ 2020年1月18日 19:54 ]

「日本エレキテル連合」の中野聡子
Photo By 提供写真

 お笑いコンビ「日本エレキテル連合」の中野聡子(36)が兼業農家芸人・松尾アトム前派出所(41)と結婚した。18日、2人が所属する芸能事務所「タイタン」を通じて発表。同事務所によると、中野は妊娠していない。

 2人はそれぞれ直筆のコメントで結婚を報告。中野は達筆な縦書きのメッセージを寄せ、「私事で大変恐縮ですが、私、日本エレキテル連合中野聡子は一月十八日に同じタイタン所属の芸人 松尾アトム前派出所さんと入籍をいたしました」とこの日に婚姻届を提出したことを報告し、「以前よりずっと熱烈なアプローチをいただいておりましたが、松尾さんの致命的な滑舌の悪さはどんなに歯の浮く文句を並べていただいても、昆虫の羽音を聴いているようでした」とユーモラスに松尾からアプローチを受けていたことを明かした。

 それでも、昨年末に心境の変化があったという。「昨年の大晦日に突然『そうだ結婚、しよう』と思い立ち、その日のうちに松尾さんに提案したところ、ふつつかな私をお嫁さんにしたいと言ってくれました」と交際期間0日での電撃結婚が決まった。

 「本当に急に決めたので、お付き合いなどもしておらず、結婚に至るまでの一般的なプロセスを一切すっ飛ばした何とも奇怪な展開ですが、皆様には温かく見守っていただけたら嬉しく思います」と中野。婚姻届の証人は「タイタン」社長の太田光代氏(55)と中野の相方・橋本小雪(35)にお願いしたといい、「証人欄にお名前を下さった時には泣きそうになりました」と心境をつづっている。

 また、松尾アトム前派出所は「タイタンに入団して6年。出会って6年。当初バーター仕事をいただいて『エレキテル様!』と呼んでいた期間2年。この人かわいいなと思えて『なかパン』と女子アナみたいに呼んでいた期間2年。さらに女として見始めて『キモイ!』って言われ続けて2年。交際期間0日。この度 日本エレキテル連合中野聡子さんに完璧に感電しましたので結婚させていただきます」と結婚に至った経緯を明かし、「とても大切にします宣言。今後ともよろしくお願い致します」と結んだ。

 松尾は長野で農業をしていることもあり、中野とは別居婚となる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月18日のニュース