声優・大塚明夫「麒麟がくる」初回で大河ドラマ初出演「凄かった」“大河常連”周夫さんと父子2代出演

[ 2020年1月18日 18:00 ]

「麒麟がくる」第1話で大河ドラマ初出演を果たす声優の大塚明夫(C)NHK
Photo By 提供写真

 アニメ「ブラック・ジャック」や米俳優スティーヴン・セガール(67)の吹き替えなどで知られる声優で俳優の大塚明夫(60)が19日にスタートするNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8・00)初回にゲスト出演。大河ドラマ初出演を果たすことが18日、分かった。刀や鉄砲を扱う店の店主役。主演の長谷川博己(42)らと共演し「日本で役者をしているのに、NHK大河ドラマに出演したことがないのは、どうにも寂しいなと感じていたところでした。いざ撮影が始まってみると、何から何まで凄かったです!」と興奮気味に振り返っている。

 大塚の父・周夫さん(2015年没)も「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男などで知られた声優で俳優。周夫さんは大河ドラマ第1作「花の生涯」(1963年)をはじめ、「武田信玄」(88年)や「太平記」(91年)などに出演した“大河常連俳優”。大塚は父子2代で大河ドラマ出演を果たすことになる。

 大河ドラマ59作目。第29作「太平記」を手掛けた池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に描く。

 第1話は「光秀、西へ」。領地を荒らす野盗を撃退した際、明智光秀(長谷川)は、その頭領が持っていた「鉄砲」という見たことのない武器に興味を持つ。美濃守護代・斎藤氏の名跡を継ぐ斎藤道三(本木雅弘)に掛け合い、ある約束と引き換えに、鉄砲がどういうものか探る旅に出る。堺を訪れると、ひょんなことから三好長慶の家臣・松永久秀(吉田鋼太郎)に気に入られる。次に向かった京で、名医と名高い望月東庵(堺正章)と助手の娘・駒(門脇麦)に出会うが、東庵は大の博打好き。本当に名医なのかヤブ医者なのか分からない。そんな中、大名同士の抗争が始まり、町は大火事になる…。

 大塚が演じるのは、刀や鉄砲を扱う「辻屋」の店主で、光秀が堺で出会う宗次郎。「日本で役者をしているのに、NHK大河ドラマに出演したことがないのはどうにも寂しいなと感じていたところでした。いざ撮影が始まってみると、常々『さすがは大河ドラマ!』と感じるほど、撮影の規模も含めて何から何まで凄かったです!」と大河デビューに喜び。長谷川、吉田、谷原章介(47)と共演し「お三方とも、素晴らしい愉しさでした。皆さま『麒麟がくる』第1回、どうぞお楽しみに!」と呼び掛けた。

 大塚は17年1月に一般女性との結婚を発表。同年、テレビ朝日「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP」で10位にランクインした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月18日のニュース