小泉孝太郎「おじさんになりました」おい誕生に大喜び “不思議な巡り合わせ”に感慨も

[ 2020年1月17日 14:15 ]

テレビ東京ドラマ「病院の治し方~ドクター有原の挑戦~」の記者会見に臨んだ小泉孝太郎
Photo By スポニチ

 俳優の小泉孝太郎(41)が17日、都内で、「私事ですけど、弟夫婦に今日1月17日、子供が生まれまして、おじさんになりました」と報告し、おいの誕生を喜んだ。

 弟の小泉進次郎環境相(38)と昨年8月に結婚したフリーアナウンサーの滝川クリステル(42)がこの日未明、第1子となる男児を出産。孝太郎は、主演するテレビ東京の連続ドラマ「病院の治し方~ドクター有原の挑戦~」(20日スタート、月曜後10・00)の記者会見と重なり、「今日はドラマのお話(会見)です…」と、けん制気味に少し間を置いた後、「それだけじゃ済まされないですよね。ちょっと冒頭で少しだけお時間を頂きます」と笑顔で語り始めた。

 孝太郎は、小泉環境相の8月の結婚発表時もテレビ東京で取材に応じている。「デジャブのような不思議な感覚なんですけど。去年、弟が結婚会見をしたときは僕、下でトマト柄の衣装を着て僕まで囲み取材をさせてもらったんですけど。弟の子供が生まれるときにまた、こういう何かの節目で制作発表」と、同じビルでの不思議な巡り合わせを感じている様子。

 前夜は病院で面会しようと「昨日、本気で僕、夜中まで実は待機していたんですね。初めて自分のおいになる子に会いに行こうかなと。だいぶ深い時間になってしまったので、諦めたんですけど。本気でこの衣装で行こうか迷いました」と、この日の白衣姿に苦笑い。「でも、そうすると話がだいぶ、ややっこしくなってしまうので、それはやめた方がいいかなと思ったんですけど。自分にとっての本当に大切な作品の撮影の最中、自分がおじになり、いつかそのおいが大きくなったときに『君が生まれたときに僕は大変だったんだぞ。このドラマをしていたんだ』と、そういう風に胸を張って見せられるドラマ」と笑みを広げた。

 テレビ東京の番組プロデュサーも「今日は朝から素敵なニュースがありまして、われわれのいつもの会見には見られないような大きな(報道のテレビ)カメラが入っていて…」と取材陣の多さに感激していた。

 ドラマはスピードスケートの平昌五輪金メダリスト小平奈緒(33)が所属する相澤病院がモデル。多額の借金を抱えた倒産危機から再生した実話を描く。

 共演は高嶋政伸(53)、小西真奈美(41)、浅田美代子(63)、中村雅俊(68)ら。浅田も小泉環境相の第1子について「できれば相澤病院で生まれて欲しかった…」とジョークまじりに祝福した。

 初回は午後9時から放送。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月17日のニュース