サッカーU23日本代表 20年初戦黒星スタート、サウジ戦8・7%

[ 2020年1月10日 09:12 ]

<日本・サウジアラビア>初戦で敗れたU23日本代表イレブン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 テレビ朝日が9日に生中継したサッカーの東京五輪予選を兼ねるU―23アジア選手権1次リーグB組初戦「日本―サウジアラビア戦」(後10・05)の平均視聴率が8・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが10日、分かった。

 試合は、後半3分に先制を許しながら、同11分に今大会唯一の欧州組で、背番号10のMF食野亮太郎(21)が同点弾。国際大会初出場、森保ジャパン3試合目の初ゴールで振り出しに戻したが、後半40分すぎに与えたPKを決められ、東京五輪イヤー初戦は苦い結果となった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース