本木雅弘のイケメン息子・UTA テレビ初出演でぶっちゃけトーク「お父さん、マフィアの人なの?」

[ 2020年1月10日 21:11 ]

モデルのUTA
Photo By スポニチ

 俳優の本木雅弘(54)とエッセイスト内田也哉子さん(43)の長男で、モデルのUTAが10日放送のTBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」(後7・00)にゲスト出演。テレビ番組初登場で、父が自身の友達から「マフィアの人」と言われたエピソードを語り、笑いを誘った。

 1メートル90の長身に端正な顔立ちをいかし、国内外でモデルとして活躍するUTAは、「学生をやりながら、モデルのお仕事をやらせていただいております」と初々しく自己紹介。家族の話題となると、祖母である樹木希林さん(18年死去)とはよく「2人旅」をしたと明かし、「厳しい印象はないです、常に優しい感じの人だった」としみじみ語った。

 同席した也哉子さんが、「緊張感がうちの家族って高くて。私と本木さんも独特の緊張感が家庭内にあって」と告白。本木の持つ緊張感に同調したUTAは、「留学をしていた時に『UTAのお父さんってメッチャ怖い。マフィアの人なの?』って。本当に本当に、言われて」とぶっちゃけた。番組司会のTBS・安住紳一郎アナウンサー(46)が「KGBとか」とツッコむと、也哉子さんは「そういう仕事多分向いていると思います」と言葉を返し、笑みを浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース