中谷美紀、ドイツ人の夫とのなれそめ赤裸々告白「本当に偶然、私の携帯電話が鳴ってしまい…」

[ 2020年1月10日 21:53 ]

女優の中谷美紀
Photo By スポニチ

 女優の中谷美紀(43)が10日放送のTBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」(後7・00)に出演。夫でドイツ人のビオラ奏者・ティロ・フェヒナー氏とのなれそめを赤裸々に語った。

 中谷は、ウィーン国立歌劇場管弦楽団などで活躍するフェヒナー氏と18年11月に結婚した。現在は、オーストリア・ウィーンと日本を行き来する生活を送っているといいい、「すっごく地味な生活をしているんです。ウィーンと、夏は夫の仕事の関係でザルツブルク、両方にいるんですけども。山の中なんですよ」などと笑顔で報告した。

 番組の司会を務める安住紳一郎アナウンサー(46)から「どうやって出会ったんですか?」とストレートに質問された中谷は、「それ聞くんですか」と苦笑しつつも、16年秋の出会いを回想。「本当に偶然なんです」と切り出した。

 飲食店で一人で食事をしていた中谷。同じ店内に居合わせたのが、公演のため来日していたフェヒナー氏を含む3人のグループだった。「私の携帯電話が鳴ってしまったんです」と振り返った中谷は、「同じ空間にいて、同じ店で。知らない方ですけども、ごめんなさいって謝った。それで、どちらからいらしたんですか?って聞いたら『ザルツブルク』って、そのうちの一人の方がおっしゃったんです。いつかザルツブルク音楽祭に行くのが夢だったんですよって」。

 その後、会話が弾み「もうこっちに来れば」と声をかけられ、同じテーブルを囲んだ。フェヒナー氏から「金沢にいいお店はないか?」と尋ねられた中谷は、「知っているお寿司屋さんがあるから、ご紹介しますよって」と連絡を交換。お店の場所をメールでやりとりする中で、「私は返信をしたんですけど、届いていなかった。逆に向こうからいっぱいメールがきて、そんな感じです」と恥ずかしそうに告白。安住アナは「運命ですね~」と語り、うれしそうな表情を浮かべていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース