新田真剣佑の今年の抱負「圧倒的睡魔!!」って?胸張って「どこでも寝られます」

[ 2020年1月10日 20:11 ]

映画「KAIJI FINALGAME」の初日舞台あいさつに登壇した(左から)関水渚、新田真剣佑、藤原竜也、福士蒼汰、吉田鋼太郎、佐藤東弥監督
Photo By スポニチ

 俳優の藤原竜也(37)が10日夜、都内で主演映画「KAIJI FINALGAME」(監督佐藤東弥)の初日舞台あいさつに登壇した。

 福士蒼汰(26)、関水渚(21)、新田真剣佑(23)、吉田鋼太郎(60)も出席。KAIJI風に「圧倒的」をつけて、それぞれが新年の抱負を述べた。

 藤原は「圧倒的お掃除!!」で、「家を隅から隅まできれいにして、一生懸命、家中きれいにしていれば今年も幸せな1年になるんじゃないかな」と話した。

 福士は「圧倒的読書!!」で、昨年から「本を読むのが好きになった」と笑顔。関水は「圧倒的運動神経!!」で、ハンドボールを10メートルも投げられないことを明かしながら「今年はもっと遠くへ飛ばしたい」と力を込めた。

 2月からシェイクスピア作品への出演と演出が続く吉田は「圧倒的社シェイクスピア!!」。

 そんな中、登壇者たちが首をかしげたのは、新田の抱負について。「圧倒的睡魔!!」と掲げ、「いっぱい眠れるように。今年は」と説明。司会者から「抱負ですよ」と突っ込まれると、「日本語って難しいですね」と海外生活が長かったことを強調した。

 その上で「どこでも寝られます。この前、新しいこと覚えて、カメラの前で本番入る前に、ちょっと目を閉じたらカクンとなって…立ったまま寝られるようになりました。立ち寝」と得意顔。吉田から「仕事中に、そんな(風に寝る)のはダメだ」と叱られると、新田は「鋼太郎さんも(今回セットの中で)寝てたんですよ」と切り返した。

 本作はシリーズでは9年ぶりの映画化も、オリジナルストーリーで最終回を迎える。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月10日のニュース