相武紗季の姉・音花ゆり 第1子妊娠を発表「喜びもひとしおです」

[ 2019年12月17日 13:07 ]

音花ゆり(15年撮影)
Photo By スポニチ

 女優の相武紗季(34)の姉で元宝塚歌劇団の女優・音花ゆり(36)が16日、自身のインスタグラムを更新。第1子を妊娠したことを報告した。現在、妊娠6カ月だという。

 音花は誕生日への感謝とともに「私事ですが。この度私も赤ちゃんを授かる事ができました。現在妊娠6ヶ月です」と妊娠を報告。「レディースクリニックに通いながら頑張ってきたので、喜びもひとしおです」と喜びをつづり、「元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみに、体調を整えて過ごしたいと思います」と記した。

 「皆さまもインフルエンザや風邪に気を付けて過ごして下さいねー」と呼びかけ、「まりいとお腹の写っている写真を撮ったのだけど、何だか気恥ずかしくて載せられず」とも。「写真撮るにはわかりにくいくらいしかまだ出てないのです…でも会うと、あれ?って言われます。自分でも洗面台との距離感とか、段々変わってきました」と幸せそうにつづった。

 音花は2001年、宝塚歌劇団に入団。星組娘役として活躍し、15年5月に退団。昨年2月に、一般男性と結婚したことを発表し、結婚を機に休業に入った。

 妹の相武は16年5月に一般男性と結婚。翌17年10月に第1子を出産した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月17日のニュース