TBS アニメ「星合の空」エンディングのダンス“酷似”騒動「終結した」

[ 2019年11月27日 16:05 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 TBSが27日、東京・六本木の同局で定例社長会見を行い、10月から放送中のアニメ「星合の空」のエンディングのダンスの問題について説明した。

 同作をめぐっては、エンディングでキャラクターが踊るダンスの振り付けが、ネット上にダンサー2人がすで発表していたダンスと酷似していると、ダンサー側がツイッターで訴えたことで表面化。10月31日にアニメ製作委員会の公式ツイッターで「著作権に対する意識が十分でなく、ご迷惑をおかけしたことをおわびします」と謝罪し、同日放送分からダンサーの名前がクレジットとして明記されている。

 一連の騒動について、担当者は「先方の方とお話をして、お詫びもさせていただいた」と説明したうえで、「制作過程についてはコメント差し控えさせていただきたいが、そういう形で終結したと考えております」とした。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月27日のニュース