Matt、生放送でピアノ凄腕披露!スキマ「奏」しっとり演奏 ジェジュンと2度目コラボ

[ 2019年11月27日 21:49 ]

Matt
Photo By スポニチ

 野球解説者・桑田真澄氏(51)の次男でアーティストのMatt(25)が27日、日テレ系音楽の祭典「ベストアーティスト2019」(後7・00)に出演。韓国人歌手のジェジュン(33)の歌に合わせてピアノの生演奏を披露した。

 Mattは今月17日も千葉・幕張メッセで行われたジェジュンのライブでピアノを演奏。2人のコラボは2度目となり、Mattは「また共演したいと思っていたので、このお話をいただいたときは凄くうれしかったです」と笑顔。スキマスイッチの名曲「奏」を優しげにしっとりと演奏した。

 画像加工の“Matt化”が話題だが、音楽はいわば“本業”。7歳の時に父が肘のリハビリのために弾いていたピアノの影響を受けて音楽を始め、堀越高校で吹奏楽部。団長として参加した「第52回東京都高等学校吹奏楽コンクール」で金賞を獲得した。桜美林大学に進み「芸術文化学群・音楽専修」で学び、ピアノやサックスのほか、作曲活動にも励んでいる。19日にもNHKの音楽番組「うたコン」に出演し、ピアノ伴奏を披露。音楽活動を活発化させている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月27日のニュース