嵐、新曲テレビ初披露にファン歓喜「やっぱ国民的アイドル」“デジタル化”の手応えは今後に期待

[ 2019年11月27日 23:02 ]

人気アイドルグループ「嵐」
Photo By スポニチ

人気アイドルグループの嵐が27日、日テレ系音楽の祭典「ベストアーティスト2019」(後7・00)に出演。デジタル配信限定シングルの新曲「Turning Up」をテレビ初披露した。

 2019年を彩ったアーティストが集結する中、嵐はトップバッターを務め、ラグビー2019イメージソング「BRAVE」を熱唱。そして4時間の放送の大トリも務めた。

 今月から5種類のSNSアカウントを開設した嵐。松本潤(36)は「皆さんとより近く、より早く一緒に過ごしていきたいと思っています」と語った一方、相葉雅紀(36)は「正直ついていけていません。でもアップもしてますから!」と新たな取り組みに試行錯誤している様子。松本はネットの手応えについて尋ねられると「これからですかね。自分たちも楽しみながらやっていますけど、まだ分からないことがたくさんあります」と謙遜した。

 そんな嵐は、番組の最後にデジタル配信限定シングルの新曲「Turning Up」をテレビ初披露。これに対しネット上では「やっぱ国民的アイドルグループ、嵐だなぁ」「かっこいい曲」「新曲かっこいいいいい」「いい意味で嵐っぽくない、でもジャニーズらしいファン向けの曲」「嵐が楽しそうに踊ってるのみるとなんか泣ける」「尊い」と歓喜の声が飛び交った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月27日のニュース