水野美紀 子供が夫のことを「ママ」 唐橋充は子煩悩「母親の役目を半分取られている」

[ 2019年11月22日 14:12 ]

刊行記念トークショーを行った水野美紀
Photo By スポニチ

 女優の水野美紀(45)が22日、著書「水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。」(朝日新聞出版)の刊行を記念して横浜市内でトークショーを行った。

 この日、水野はトークショー前の囲み取材に応じ、単行本刊行にあたっての感想を聞かれると、「子育て中のあれこれはたいてい覚えていると思っていたんですが、あらためて自分の本を読み返してみたら、日々の一瞬一瞬に精一杯なせいか、ほとんどきれいさっぱり忘れていたんです。がんばって書き残しておいてよかった」と語った。

 17年に第1子を出産して以来、夫で俳優の唐橋充(42)は水野も驚くほど子煩悩になり、何でも世話をしたがるばかりか、オムツのメーカーをあれこれ選んで試したり、暇な時には一日中メルカリのサイトでかわい洋服を見つけては取り寄せ、届いた商品をうれしそうに我が子に着せてみたりしているという。

 「母親の役目を半分取られている感じがする」と水野が評するほど唐橋の面倒見がいいおかげで、子供は父母双方に均等になついているばかりか、「子供が時々、旦那の方を『ママ』と呼ぶこともある」と答えて報道陣を笑わせていた。 

 水野は2016年の誕生日、6月28日に俳優でイラストレーターの唐橋と結婚した。17年7月に第1子を出産。インスタグラムで「目の前の小さな命の、生きようとするエネルギーに圧倒されて胸がいっぱい。早くも涙もろくなっている新米母ですが、しっかりと気を引き締めて、歩んでゆきたいと思います」と誓っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月22日のニュース