志らく 東京五輪マラソン&競歩、札幌開催に「IOCが助け船を出したっていう考え方も…」

[ 2019年10月18日 10:25 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(56)が18日、MCを務めるTBSの新情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が17日に、20年東京五輪のマラソンと競歩の会場について「IOC理事会と大会組織委員会は札幌市に移すことに決めた」と、二者間では合意に達したとの認識を示したことに言及した。

 志らくは「私はIOCの回し者でも何でもないんですが」とした上で「東京都が(暑さ対策の)いろんな案を出してきた。だけど、(対策費に)300億かけたんだけども、どうにもならないだろう、その程度じゃあ。それでIOCが助け船を出したって考え方もできないことはないんですよね」と持論を述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年10月18日のニュース