和田アキ子 中日の応援歌問題に苦言「ちょっとずれてるんじゃないの?」

[ 2019年7月6日 12:33 ]

丸山穂高議員に「紅白すら出てないようですが」と指摘された和田アキ子
Photo By スポニチ

 歌手の和田アキ子(69)が6日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(土曜前11・00)に生出演。プロ野球・中日の公式応援団が応援歌「サウスポー」を自粛した問題について言及した。

 和田は「なんで今頃なの?」と問題化となったタイミングに疑問の声を上げた。中日の与田剛監督(53)が「『お前』という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか。シンプルに名前で呼んで欲しい」と話していたことには「これは教育には関係ないでしょ」とバッサリ。「子供達にもっと教えないといけないのは、イジメとかあいさつとか基本的なこと」とし「大人がちょっとずれてるんじゃないの?ましてや替え歌なんだから」と指摘していた。

 応援歌「サウスポー」の歌詞に「お前が打たなきゃ誰が打つ」と歌う部分があり、球団が「お前」のフレーズが不適切であると指摘。これを受けて、同団体が使用自粛を発表した。この問題では、与田監督が「『お前』という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか。シンプルに名前で呼んで欲しい」と話し、白井文吾オーナー(91)も「『お前』は聞いている人は皆、不愉快になる」と発言している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月6日のニュース