志らく 中日応援歌「サウスポー」使用自粛に「ドラゴンズファンはどんどん歌うべき」

[ 2019年7月2日 12:39 ]

立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が2日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。中日ドラゴンズ応援団が1日、公式ツイッターで、同団体が使用している応援歌「サウスポー」に対し球団より不適切なフレーズがあると指摘を受け、使用を自粛すると発表したことについて言及した。

 番組では同団体が自粛することとなった経緯について、歌詞に「お前が打たなきゃ誰が打つ」と歌う部分があり、「お前」というフレーズは子どもの教育上、好ましくないと同球団が判断したためと説明。これに対し立川は「ちょっと(子供に)教えればいいてだけで、それ(お前というフレーズ)を気にしてたら…。ドラゴンズ、なんでこんなこと言ってるんだろ」と話し、「敬愛する与田監督、親愛なるドラゴンズ球団、お前たちがおかしいよ」とコメントした。

 続けて「こんなこと言ったらね、『(球団歌である)燃えよドラゴンズ』の2番なんかね、ジャイアンツに向かって、大男、息の根止めろって、言ってるんですよ。それだっておかしくなっちゃう」と指摘。最後は「このまんまで(いいですよ)、そういう歌なんだもん」と言い、「ドラゴンズファンはどんどん歌うべきです」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月2日のニュース