【春風亭昇太 一問一答】“遅すぎ婚”と命名「どうなるか予想が付かない」

[ 2019年6月30日 20:08 ]

結婚相手の似顔絵を手に笑顔をみせる春風亭昇太(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 30日放送の日本テレビ「笑点」で結婚を発表した落語家の春風亭昇太(59)が同日夜、都内で会見した。

 以下、一問一答。

――お相手は

 いわゆる一般の方です。学校で働いてます。専門学校です。先生ではありません。

――相手の年齢

 40歳で20歳差。でもまあ、僕の周りにラサール石井という人もいますので。歳の差を感じることもほとんどないですね。年の差感じることって普段ないでしょ?僕の場合、戦争終わって14年後に生まれてますし、前の東京五輪も覚えてる。今後、昔の写真とか見ると年の差を感じるかもしれないですね。向こうは全部カラー写真。僕のはモノクロもあるので。

――お相手は誰似

 特別にこの人っていうのは。和風な方で、僕は和風な方が好きなので。

――なれそめは

 14年前に、知り合いの方がご飯食べに行こうと言って、行ったところにいた。それから10年くらい会ってなかった。連絡先は知ってましたけど電話したりもなく。3年ぐらい前の舞台「熱海五郎一座」を見に来てくれて、楽屋に来てくれた。「ご無沙汰してます」と言って、それからたまに3カ月に1回とか、時々ごはん食べるようになった。

――お付き合いは

 僕からです。「付き合ってみますか」と、そしたら「はい」と。結婚のときも「しますか?」「はい」って。本当に最近です。今年に入って、本当に最近です。1カ月半か2カ月前くらい。

――結婚の決め手

 そろそろ結婚しないと死んじゃうなと思って。いい年なので。第一発見者みたいな人が必要だなあと。もう危険じゃないですか。いつ倒れるか。

――相手の好きなところ

 いつもにこやかにしてるところ。

――相手は昇太のどこが好きか

 全部じゃないですか。聞いたことないけど、全部じゃないですか。収入を含めて(笑い)。

――婚姻届の提出は

 これからです。婚姻届を書いて、ハンコも押して渡してあるので。(一緒に出さない?)いい年して一緒に行くの恥ずかしいじゃないですか。(出さないことも?)あるかもしれませんね(笑い)。出してくれると思います。

――指輪

 渡してない。一生言われるから、いつか渡したい。

――挙式、披露宴

 これもしないと一生言われるから。弱みを握られたくないから、どこかでしようと思います。

――子供

 どうなるか分からないことでしょ。現在はいないと思います(笑い)。僕はなるべくいろんなものを背負いたくないので、どちらでも対応します(笑い)。

――ずっと独身で、今後は一緒に住むが

 想像がつかない。「おめでとうございます」と言われても、なんて答えればいいかわからない。結婚したら幸せなんてまともに考えてる人いないでしょ。ワイドショーとか見てたらわかるじゃないですか。いろんなご夫婦が大変そうだなって。

――料理は

 料理は暇な方がやればいいんじゃないですか。梅干しを漬けたりとか、そんなことを向こうはしてるんです。お漬け物出してくれたり、料理も好きみたい。「和」のことをしてくれるのでありがたいですね。

――呼び方

 僕は「キミ」ですね。呼び慣れないですからね。相手は「昇太さん」。「キミ」とか言っておいたほうがいいんですよ。別の名前を言って、いろんな失敗例を聞いてる。失敗しない方向で行こうと。

――うまくやっていくには

 とにかく褒める。何か食べたら必ずおいしいと言え。それを先輩方から聞いてる。食べたらどんなものでも言ってますよ。長く生きてるので、誰彼かまわずほめてる。男性でも女性でも。そしたら嫌われない。あとは、年に1回くらい何か買ってやれ。

――相手の身長は

 僕より小さいので、そこそこ小さいですね。だから首とか疲れない。

――共通の趣味

 料理作るのは好きなので、食材の話とかはよくする。どこそこの油が良いとか、ごま油はここがおいしいとか。それを買ってきたりくれたりして。

――どんなデートを

 普通に中華料理店とかごはん食べてましたよ。周りが興味ないみたいで。

――同居は

 互いに家があるので。僕の家は掃除しないと住めない。これからですね。

――笑点メンバーは

 ものすごい笑いながら驚いていましたね。薄笑いを浮かべながら。先輩たちは「早く結婚しろ!」とかいいながら、うらやましいとこもあったようで、僕が結婚しないと思ってたのかな。理想の夫婦?笑点メンバーにはいませんね(笑い)。

――今後はどんな生活を

 縛る人じゃない。僕も自由に生きてきた人だから。「ずっと会わないのは嫌」とかいうのない。仲良くケンカしないように暮らせたら。

――何婚

 「遅すぎ婚」ですね。どうなるか予想が付かないんですよ。ソロモンの洞窟に紛れ込んだように想像が付かない。

――結婚でなぞかけを

 結婚とかけまして、焼き肉屋さんでいろんなお肉が出てきた時とかけます。そのこころは、持つ(モツ)かな?

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年6月30日のニュース