伊藤蘭、夫・水谷豊の意外な一面告白「娘から見ると怖い瞬間ある」

[ 2019年6月9日 22:38 ]

女優の伊藤蘭
Photo By スポニチ

 女優の伊藤蘭(64)が9日、日本テレビ「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)に出演。知られざる自身や家族のエピソードを語った。

 伊藤は1973年に3人組アイドルグループ「キャンディーズ」のメンバーの1人として活躍。人気絶頂の中、1977年7月17日、日比谷野外音楽堂で突如解散を宣言し、約4年半のアイドル活動に終止符を打った。その際、伊藤が発言した「普通の女の子に戻りたい!」の言葉は、当時の流行語にもなった。

 キャンディーズ解散後、一時芸能界を引退するも、80年に女優として復帰。テレビドラマを中心に、数々の作品に出演していく。ドラマ「あんちゃん」では俳優・水谷豊(当時30歳)と共演したのをきっかけに6年半の交際を経て、1989年に2人は結婚。

 結婚から1年後、長女の趣里(28)が誕生。趣里は2011年に女優としてデビュー。最近では「イノセンス 冤罪弁護士」に出演するなど大活躍を見せている。

 水谷と伊藤の夫婦生活も約30年。夫婦ゲンカの有無を問われると「イヤな空気になることはほとんどない」と、何ともうらやましい答え。まさにイメージ通りといったところだが、実は水谷は「娘から見ると怖い瞬間がある」と明かし、出演者たちは「(普段穏やかなだけに)怒ったら怖そうですね」とザワついていた。

 ちなみに伊藤はお笑いトリオ「東京03」の大ファン。普段からテレビや動画サイトでネタを楽しんでいるという。スタジオで3人に出会うと伊藤のテンションは上がりまくり。ライブのゲスト出演を振られると、「いいんですか?台本早めに…」とまんざらでもない表情を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年6月9日のニュース