小川彩佳アナ フリー初仕事はFM音楽番組「緊張」も「楽しい時間」ロック談議で“素”の部分も

[ 2019年5月25日 07:00 ]

25日放送のFM音楽番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」にゲスト出演し、フリー転身後初仕事に臨んだ小川彩佳アナウンサー(左はクリス・ペプラー)(C)J-WAVE
Photo By 提供写真

 4月上旬にテレビ朝日を退社したフリーアナウンサー・小川彩佳(34)が25日放送のJ-WAVE「SAPPORO BEER OTOAJITO」(土曜後6・00)にゲスト出演する。今回がフリー転身後初仕事。「テレビ朝日でも報道番組以外をほとんど担当したことがなかったので、どんな形になるか緊張していましたが、本当にあっという間の楽しい時間を過ごせました」と笑顔で収録を振り返っている。

 ナビゲーターのクリス・ペプラー(61)が隠れ家“OTOAJITO”に音楽好きのゲストを迎え、ビールを手に音楽談議を繰り広げる1時間番組。小川アナの出演経緯について、朝倉芳明プロデューサーは「テレビ朝日時代からとても音楽好きということは存じており、この番組のゲストにピッタリだと思い、オファーさせていただきました。小川アナご自身も幼少の頃からJ-WAVEを聴いていただいていたようで、親近感を持っていただいていたことから今回の出演をご承諾いただきました」と説明した。

 ロック好きになったきっかけはバンド「ボン・ジョヴィ」で、ある曲を耳にした瞬間の衝撃を熱く語る小川アナ。中学時代に短期留学した米テキサスで触れた数々のロックも紹介する。

 また、国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル」に度々訪れているというが、同フェス皆勤賞のクリスと、その魅力を語り合う。さらに、テレビ朝日を退社するタイミングで先輩からもらったCDについても告白。幼少期から音楽に囲まれて育った小川アナの音楽ヒストリーが紐解かれる。

 このほど収録を終えた小川アナは「ついつい気が緩んで、いろいろな話をしてしまいました。テレビ朝日でも報道番組以外をほとんど担当したことがなかったので、どんな形になるか緊張していましたが、クリス・ペプラーさんが優しくエスコートして、流れを作っていただいたので、本当にあっという間の楽しい時間を過ごせました」と充実の表情を浮かべた。

 朝倉プロデューサーも「テレビと違いリハーサル等もなく、おそらく初めてとなるラジオ番組の収録に、冒頭は少し緊張されていたようですが、さすがのアナウンス力で落ち着いた雰囲気でスタート。好きな音楽の話ということでご自身の様々なエピソードを熱量を持って語っていただきました。収録中は終始笑顔で、音楽が本当に好きなんだということが伝わってきました」と小川アナの様子を明かし「音楽マイスターのクリス・ペプラーとビールを飲みながらの収録ということで、報道番組では見せることのない素の小川さんが垣間見える番組となりました。音楽を入り口に中学生や大学生の頃のエピソードまで、小川彩佳ファンには聞き逃せない内容です」と手応えを示している。

 小川アナは6月3日からTBSの深夜の報道番組「NEWS23」(月~木曜後11・00、金曜後11・30)のメインキャスターに就任する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年5月25日のニュース