高齢者運転問題 モト冬樹「覚悟」訴える「命奪う恐れ…肝に銘じて乗るべき」

[ 2019年4月25日 14:43 ]

モト冬樹
Photo By スポニチ

 タレントのモト冬樹(67)が25日、自身のブログを更新。高齢運転者による事故が相次ぐ中、乗用車を運転する上での「覚悟」についてつづった。

 東京・池袋で高齢男性の乗用車が暴走し、松永真菜さん(31)と娘の莉子ちゃん(3)の命が奪われるなど「最近確かに年配のドライバーによる痛ましい死亡事故が多い」とモト。その上で、前方と後方の確認、横断歩道前の左右確認などを例に挙げ「車は一生懸命運転しなくてはいけないと思う。走っていても いろいろ想像をはりめぐらしながら いつでも対処できるよう運転をする それだけのことをできる自信がなければ乗ってはいけないと思う」と訴えた。

 また、運転に対する自信は「注意をはらえる自信ということで 決して運転技術のことではない」ときっぱり。そこに年齢は関係なく「ましてや運転操作に不安がある人は絶対に乗ってはいけない 周りの人も止めるべき」とし、最後は「車に乗るということは誰でも罪もない人の命を奪ってしまうおそれがあるということを肝に命じて乗るということだと思う」と持論を記した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年4月25日のニュース