山口真帆 卒業発表後初ツイートで心境告白「後ろ指さされようが」「皆さんは私の宝物」

[ 2019年4月25日 10:00 ]

NGT48の山口真帆
Photo By スポニチ

 NGT48からの卒業を発表した山口真帆(23)が25日、発表後初めて自身のツイッターを更新。現在の率直な思いを長文でしたためた。

 「卒業発表を終えて今の気持ちを改めて書きました」として、長文の文書を掲載。発表時には笑顔で卒業を伝えたかったとしたが「ファンの皆さんに伝えるのが本当に申し訳なくて」「自分の前に発表したれなとりこの卒業が悔しくて、涙を堪えるので精一杯でした」と振り返った。

 アイドルを好きになり、親の反対を押し切ってアイドルになった自分を恨んだといい「NGT48にならなかったら、こんな思いはしなかったのではないかとも思いました」という。それでも「今はNGT48になって良かったと思っています」と明かした。

 また、「私をずっとそばで支えてくれたのは、れなとりこともふでした」として長谷川玲奈、菅原りこ、村雲颯香の名前を挙げ「こんな素敵な友達に出会えたことが私の宝物」とも。

 さらにファンへの思いもつづり「あと2回の握手会、卒業公演、みなさんのこと笑顔にしたいです。みなさんに悲しい思いをさせてしまった分、最後は沢山笑ってもらいたいです」と呼びかけ、最後は「アイドルは辞めてしまうけど、1人の人として、皆さんにまた愛してもらえるような、強く優しい女性になりたいなと思います。後ろ指を指されようが、自分が信じた道に向かって、真っ直ぐに生きていきたいです」と決意をしたため、「皆さんは私の宝物です」と感謝の言葉で締めくくった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月25日のニュース