ジャニーズWEST「Mステ」でハプニング 小瀧のマイクが…メンバー大爆笑

[ 2018年12月21日 20:16 ]

ジャニーズWEST
Photo By スポニチ

 21日午後7時から生放送のテレビ朝日系「MUSIC STATION SUPER LIVE 2018」で7人組アイドルグループ「ジャニーズWEST」の歌唱中、小瀧望(22)のマイクの音声が入らないトラブルが発生。ソロパートが無音状態となり、メンバーが爆笑するハプニングがあった。

 4時間を超える同番組の最初の曲目は「ジャニーズ・ラブソングメドレー」。ジャニーズWESTは9枚目シングル「プリンシパルの君へ」を歌唱した。

 ところが歌唱中、ソロパートを控える小瀧のマイクだけ音声が入らなくなるトラブルが発生。そのままソロパートは無音状態となり、桐山照史(29)らメンバーから「ぎゃはははは」と大爆笑の声が上がった。

 メドレー終了後、アシスタントの並木万里菜アナ(22)が音声トラブルをお詫び。笑いをこらえきれない7人は「すいませんでした!でも気持ちよかったです!」とさわやかに謝罪し、ハプニングを笑いに変えた。

 インターネット上では「マイクトラブルに爆笑するWEST最高」「爆笑するとかゆう対応がWESTらしくていい」とファンも大爆笑の様子。過去にも、生放送の歌番組で濱田崇裕(30)が衣装の一部のサングラスを歌唱中に落とし、重岡大毅(26)が踏んで破損するというハプニングが起きていることから、「もうなんでWESTは生放送で事故るんだ!」「また伝説を残した。笑」などの声も上がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月21日のニュース