「Juice=Juice」リーダー宮崎由加が来春卒業「最後まで駆け抜けます!」

[ 2018年12月21日 21:05 ]

Juice=Juiceの宮崎由加
Photo By 提供写真

 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「Juice=Juice」は21日、リーダーの宮崎由加(24)が来年春のツアーをもってグループを卒業すると公式サイトで発表した。卒業後も芸能活動を続行する。

 公式サイトで「Juice=Juiceの宮崎由加ですが、2019年春のライブツアーをもってJuice=Juice及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました」と発表。「『ハロー!プロジェクト、Juice=Juiceの宮崎由加』から『宮崎由加』として今のフィールドで何ができるかチャレンジしたい、という申し出を受け、本人の意思を尊重し、卒業という結論に至りました」と経緯を説明した。

 宮崎本人も「結成からこれまでの活動の中で、夢のような経験を沢山させて頂きました。私はJuice=Juiceが本当に大好きです」とコメントを発表。「一年前程前からこの先の私の人生を、大きく広い目で考え始めました」と明かし、「この先宮崎由加という1人の人間としても輝けるような何かを見つけたいと強く思うようになりました。そして、たくさん考えた結果、新メンバーもグループに馴染んできた今、個人的には25歳という区切りのいいタイミングでJuice=Juiceから卒業するという道を選ばせていただきました」とつづった。

 卒業後については「私が輝けるものは何なのかを見つけるために、先入観にとらわれないで様々な事に挑戦したいと思っています!」と抱負。「Juice=Juiceでの活動は限られた時間となりました。最後まで悔いのないよう駆け抜けます!」とファンへメッセージを送った。

 宮崎は2013年2月にJuice=Juiceのメンバーに選出。同年6月にリーダーに就任し、グループをまとめ上げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月21日のニュース