JS流行語ランキング1位は「卍」 「半端ないって!」3位も人気プチモは「使わない」

[ 2018年12月21日 17:51 ]

「モっと!ニコ☆プチTV」制作発表記者会見に出席したプチモ。左から阿部ここは、藤村木音、関谷瑠紀、琴楓、田中杏奈、林芽亜里
Photo By スポニチ

 女優の小松菜奈(22)や永野芽郁(19)を輩出した女子小学生(JS)向けファッション誌「ニコ☆プチ」(新潮社)とコラボしたファッション番組「モっと!ニコ☆プチTV」制作発表記者会見が21日、都内で開かれ、プチモ(ニコ☆プチ専属モデル)6人が出席。「JS流行語ランキング2018」の発表も行われた。

 同ランキングは流行への感度が高い小学生読者5000人を対象に行った独自調査によるもの。まずは3位から発表。「半端ないって!」と6人は声を揃えて大きな声で元気に読み上げるものの、「使わないね」「男の子が使う?サッカーで有名になった言葉だけど、この6人は使わないです」と正直な反応。2位は「それな〜」。街中の女子たちのあいだでよく耳にする言葉だけに、言い慣れている様子で、「これはよく使うよね〜」と6人も共感。そして1位は「卍(マンジ)」だった。「いま何しているマンジ?みたいに使います」となんとなく使ってしまう、特に意味はない言葉だと教えてくれた。

 番外編には、「あざまる水産」「全力○○」「ヤバ谷えん」「すきピ」「イツメン」「カモンベイビーアメリカ」「おけまる」「草やばみ」「忖度」「チョレイ」「マズコロイ」「ひょっこりはん」「どっちどっちどっち」があった。

 「カモンベイビーアメリカ」と聞いて踊り出したり、「全力○○」は「TikTokで言うよね〜」などと大盛り上がり。よく使う言葉もあれば、「忖度」など難しい言葉も。「なんて読むの?」「そんたく、じゃない?」「なにそれ?」「流行語にもなったでしょ」「えー、知らない」「ニュース見なさいよ」など新鮮なやりとりも見られた。

 おしゃれに敏感な彼女たちの周辺のブームや関心事は、やはりストリートフードやファッション、コスメが中心。「タピオカ」「チーズホットドッグ」にはじまり、「フラワーリップ、見た目もかわいいよね」「エチュードハウスのティント。落ちにくくていいよね」など、ファッションリーダーらしい答えの数々。それでも、クリスマスは、全員が「家族と一緒に過ごしたいです」と納得、安心の回答だった。

 「モっと!ニコ☆プチTV」は毎週水曜TSUTAYAプレミアムにて配信。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年12月21日のニュース