ASKA 未公開曲公表でミヤネ屋に賠償命令「まだまだ納得いかないことがあるが…」

[ 2018年12月12日 10:30 ]

歌手のASKA
Photo By スポニチ

 歌手のASKA(60)が11日深夜、公式サイトのブログを更新。読売テレビの「情報ライブミヤネ屋」で芸能リポーターの井上公造氏が未公表の楽曲の一部を無断で再生したとして約3300万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が計約117万円を支払うよう命じたことを報告した。

 ASKAはブログで「本日、未発表曲を著作者の許可なく公開した『井上公造』氏、そして『ミヤネ屋』に対しての判決が出ました」と報告。「我々の請求金額は、『3307万400円』でした。『ミヤネ屋』は、損害賠償義務はないと主張し、互いに相容れない状況でしたが、『東京地方裁判所』は、『ミヤネ屋」に対し、『117万4000円』の支払いを命じました」と詳細をつづった。

 続けて「我々は、あの放送後『ミヤネ屋』が、全国の視聴者に向かって、堂々と嘘をついて正当化させようとしたことなど、まだまだ、納得のいかないことなどがありますが、本日、判決が下されたことにより、それを受け止めることといたします」と率直な心情を吐露。「今後のことは、また、ご報告させていただきます」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月12日のニュース