尾木ママ憤慨 医学部得点操作問題は女性、浪人差別「まるで時代錯誤」

[ 2018年10月16日 11:35 ]

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(71)が、昭和大学の医学部が一般入試で得点操作をしていたことを「言語道断」と指摘するなど、医学部入試に関する問題についての自身の考えを示した。

 同大学が15日に会見を開き、医学部の2次試験で、現役受験生と1浪の受験生に対し一律に加点する得点操作をしていたこと、さらに、補欠者だった同大卒業生の親族を優先的に合格させていたケースがあったことを公表した。

 この会見内容を受け、15日夜には「昭和大学の差別入試は言語道断」と題してブログを更新。得点操作を「公平・公正であるべき入試にあるまじき」と断罪し「閉鎖的な身内の論理に陥り自由・自治を尊ぶ大学に政府の介入を招くことになったのは大学の自殺行為ではないでしょうか?大学は学問の府として、自らを律することが大切ではないでしょうか」と問いかけた。

 一夜明けた16日のエントリーでも不正問題に言及。医学部入試の問題を巡ってはこれまで東京医科大が女子と3浪以上の男子の得点を一律に減点していたことが判明したが、こういった現状を「女性差別、浪人差別が平然と行われている」と記し「このコンプライアンスが大切な時代にまるで時代錯誤」とバッサリ。教育現場に携わる立場から「点数主義 効率主義。教育の本質から見ると決して前進させません」と警鐘を鳴らしつつ「すべての医学部 振り返ってほしいですね」と呼びかけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月16日のニュース