田中圭、橋本環奈の若さに脱帽「健康って感じするもんね」

[ 2018年10月11日 12:57 ]

「アフラックの健康応援医療保険」商品発表会に出席した橋本環奈、田中圭
Photo By スポニチ

 女優の橋本環奈(19)が11日、都内で行われた「アフラックの健康応援医療保険」商品発表会に、俳優の田中圭(34)、お笑いタレントのあばれる君(32)とともに出席した。

 同商品のWEBCMに出演し、Wエンジンのチャンカワイ(38)に対してツンデレ応援をする健康応援マネジャーを演じた橋本は、同商品にちなみ「健康維持のためのマイルール」を聞かれると“笑顔”と挙げ「病は気からという言葉もありますし、悩まないというか、考え込まないようにするのはありますね。基本、笑っているんですけど、笑顔でいると楽しくなれる気がして、自分をマインドコントロールするというか、だから常に笑顔でいると健康な気がします」と説明し、「自分に対して無頓着で何もしないんですけど、基本ずっと笑っていて、それで入院も大きな病気もしたこともなくて、19年間健康でいられたので、これを続けていきたいなと思います」とコメントした。

 また、健康に関しての心配事を聞かれた橋本は「あまりないですね。動くことがすごく好きなので、常に動いてはいるんですけど、何かを気をつけてこれをやっているとか、習慣づけていることはあまりないですね」と話し、これに田中は「“健康”って感じがするもんね」と納得。続けて橋本は「すごく健康なんです。忙しくなってくる時期もあるじゃないですか。それで寝られなくてもめちゃめちゃ健康ですね」と目を輝かせると、田中は「そんな感じ出てる」と若さに脱帽していた。

 イベントでは、田中とあばれる君による健康年齢対決が行われ、あばれる君は「実年齢32歳→健康年齢30歳」、田中は「実年齢34歳→健康年齢26歳」という結果となり、罰としてあばれる君は苦いお茶を飲み、勝者の田中は橋本からA5ランクの肉を「あ〜ん」してもらう一幕も。この結果に田中は「なんか嬉しいですね」と笑顔を見せ、「ジョギングをするときはずっと数字を数えているんです。早いスピードで走るのでしんどいんですけど、自分の歩数に合わせてカウントを刻んで100になったら1に戻って…」と独自の健康維持法を明かした。

 アフラック生命保険は、生命保険会社では初めてとなるオンライン専用の健康増進型保険「アフラックの健康応援医療保険」を22日より発売する。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月11日のニュース