三田佳子が決意「女優として最後までやっていきたい」、次男保釈後初の公の場

[ 2018年10月11日 15:53 ]

女優の三田佳子
Photo By スポニチ

 女優の三田佳子(77)が11日、京都の世界文化遺産・西本願寺で開催されたアンバサダーを務める「京都国際映画祭」のオープニングセレモニーに登場し、「女優として最後までやっていきたいと思います」と決意を語った。

 4度目の覚せい剤取締法違反(使用)で起訴された次男・高橋裕也被告(38)の保釈後初の公の場で、何を語るか注目されていた三田。多数の作品でタッグを組んできた奥田和由プロデューサーから紹介を受け、着物姿で舞台に登場した。「清濁併せ持って人生というのは作られていくんだと、私は身をもってつくづく思うんです」と、次男の不祥事に度々追われる人生を示唆するような言葉が飛び出した。

 重要文化財の南能舞台に立ち、「つくづく清らかな落ち着いた気持ちにさせていただいた。こうして皆さんの前であいさつできることをとてもうれしく思い今後、また三田佳子として、女優としてやっていけるのかもしれないなあ、とつくづく思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年10月11日のニュース